雪山 de スリッパ (後編)

出発から約3時間後、笹川たちの車は雪山道でダートな道にはいっていました。
殆ど他の車に会わなかったのと数時間快調に走ってきた油断から、
下り坂でスリップし、まんまと路肩のフカフカ雪に埋まってしまいました。
外はー20℃ 殆ど車は通らない山道。
一番近くの民家まではおそらく2、30km
そして携帯は圏外 and バッテリーも切れて・・。
とりあえず雪をかいて何とか脱出を試みるも・・・・。
タイヤの下にひくような板も積んではいなかったので、
靴を脱ぎ、タイヤにかませてみたりもしました。
(まさかー20℃の雪山でまたスリッパになるとは思っていませんでした・・)
結局どうにもならず、どうしたものかと考えているうちに、
掛けていたエンジンも止まってしまい、遭難??
といった感じになってしまいました。
結局、たまたま通りすがったトラックの運転手さん達に引きずり出してもらい、
そのうちの一台に、街まで乗せてもらえる事になり、一命を取り留めました^^;
そのトラック運転手の バリー は、とてもやさしい人で、
へこんでいる笹川を、一生懸命元気にさせようと、
音楽を掛けては、これ知ってる?じゃあこれは??と、色々と曲を変えてくれ、
数曲目で、イーグルスのホテルカルフォルニア(笹川が好きな曲)が
流れ始めた数秒後に、バリーが「ほらほら、前を見てみなよ。」と。
で、彼の指差す方向を見ると、夜空に緑色の光のカーテンが揺らめいていました。
好きな曲が流れる中、アメリカのトラックの助手席から見るオーロラ。
なんだかとても不思議な感じでした。
その後も街までの数時間、いくつものオーロラをトラックの助手席から
みる事が出来ました。
彼がいうには、もしスーパーボール等が開催されている日だったら、
トラック運転手はTV観戦をするために誰も仕事をしないから、
誰もこの道を通らずに・・・だっただろうとか、
1970年代には、ー40℃位になったりして・・・とか、
ニューヨーク等、東海岸を走っていたことや、家族の事など、
色々話しを聞くことが出来ました。
ちなみに後日、レンタカー会社から、車のレッカー代の請求が来ました。
お値段は・・・・・日本円にして、約8万円也。。。
飛行機で北極圏に行く費用は10万円だったので、
それよりは・・・ちょっと安く済みました・・;
結局、北極圏には到達できなかったんですが、アクシデントではあったものの、
かけがいの無い、いい経験が出来たと思います。
いつの日か、バリーにお礼をしにアラスカにまた行きたいな、と思っています。
履いている靴下さえも凍るようなとても寒い土地でしたが、
とてもとても温かい人たちと出逢えました。
そんな訳で??雪山でスリッパを履くのはもう卒業しようと思います。
ベタではありますが、北極圏で打とうと思って買ったバナナと釘

凍らせたバナナを宿に忘れてしまったので、アラスカを去る前に、
バナナで釘を打つことをあきらめ、バナナに釘を打ってみました。

時間と釘が沢山余ったので

では

雪山 de スリッパ (後編)」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    バナナ 残酷になっちゃっているよ(;→д←)
    バリーさんの、優しさが伝わりました(→ܫ←)♡
    レッカー代そんなに掛かっちゃったんですね・・・。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    本当は深夜に鬱蒼とした林の中で、呪いのわら人形ばりに
    カンコン音を鳴らして打とうと思ってたんだけどね^^;
    レッカー代は、人生勉強代みたいなものです。

スマイル8 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です