初ワークショップ (長文です)

今日、初めてこちらでワークショップを受けてみました。
日本の専門学校のようなところのトライアルレッスンだったので、
無料で。。
みんな若さと意欲で満ち溢れていて、
俺(私)は ハリウッドスターになってやるぞ!!みたいな感じで、
新鮮で、いい刺激になりました。
(今のところ専門学校に入る予定ではありません。外人価格は結構高いんです)
 
日本のものと勿論?、することは変わらないので、
久々に受けられて楽しかったです。
ただ、一つ違うのは、講師も生徒も全員カナダ人、
みんな英語がペラペラなんです。(当たり前ですね。。)
そんな訳で、
あ、今これを言いたい、これがしたい、っていう時に、
言葉が上手く出てこなかったり、言っている意味がよく分からなかったりして、
かなりもどかしかったりもしましたが、英語を頑張るいい動機付けになりそうです。
やっぱり好きなことと関連付けると意欲が湧くものですね。
 
話は、ちょっとずれまして・・・・・・・
昔、スキーをしている時に、初めてスノーボーダーを見て、
かっこいいし、とても楽しそうだなぁ~ やってみたいなぁ と思いました。
そして次のシーズンには、スノーボード一式を用意して、
雪山での住み込みのバイトを2ヶ月間しました。
で、バイトの初日の休み時間に吹雪の中、初めて滑ってみました。(一人で)
スキーは小学校の時からしていたし、基本的には変わらないだろう、
なんて思っていたのですが、やってみたらまともになんか滑れなくて・・・。
あの時も、なんだかとてももどかしい思いでした。
なまじっかスキーがちょっと出来たものだから、
雪山で一人で転びまくっている自分がなんだかかっこ悪くて、
周りからどう見られているだろう、恥ずかしいな~なんて思ったり、
スキーならこんな斜面余裕なのに・・・
くっそ~ やっぱりスノボはもうやめてスキーをしようかな、
なんて簡単な方に逃げようかと思ったりしちゃったんですよね。。
でも、結局、次の日もその次の日も黙々と一人で滑り続けました。
そうしているうちに、段々コツが掴めてきて、段々面白くなって・・・
そして仲間が出来て、一緒に滑ったりして色々教えてもらったりして、
ちょっとずつ上達して、またちょっとずつ面白くなってきて・・・。
何故やめなかったかといえば、やめるのはいつでもやめられるし、
やっぱり自分が何をしに来たかって思ったらやめられなかったんですよね。
だって、スノーボードをマスターする為に、二ヶ月間のバイト決めて、
スノーボードの一式を揃えて来たんだよなぁ、と。
それが10年前、20歳の頃の話です。今の自分は30歳。
今日、改めて言葉の壁を痛感したわけですが、
初心に戻り、恥ずかしがらず、そして逃げずに、
吹雪の中でも、一人でも、何度でも転んでは起き、転んでは起きて、
少しずつでも上達していけるよう、
そして面白がれるようになっていきたいと思います。
だって今回は、一年間のWHビザを取って
色々準備して、みんなに送り出してもらった訳ですから。
なんだか書いているうちに、ついつい長くなっちゃいました。
とりあえず元気にやってます。
追記。
頂いているメールにはすべて目を通しています。
随時返信させて頂きますので少々お待ち下さいませ。
まだ時間の使い方が下手&しなきゃならないことが沢山あるのでごめんなさい。
なぉ、ブログのコメント欄なんかも気軽に利用して頂けると嬉しいです。
(コメントなら簡単にお返事できますし)
それではまた。

初ワークショップ (長文です)」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    うんうん、とても羨ましく、応援しています(*^_^*)
    頑張って楽しんでね~~
    私もまた英語やろうかなーなんて思っちゃうよ☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みっちゃん頑張ってるんだねぇ。
    出会ってから5、6年くらいだっけ?
    初めて尊敬した(笑)
    いつも、「のほほ~ん」なみっちゃんしか見て
    なかったからねぇ~。
    まぁ、うちらが「我が!我が!」なタイプの人間だから
    そりゃ、見守るしかないかぁ(笑)

    福島ごときにビビってる自分が恥ずかしくなったね。
    カナダで頑張ってる、みっちゃんから勇気をもらったよ。
    みんな応援してるからね~。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    > chan-chanへ
    ありがと。それにしても英語って難しいね。
    まさか、行きの飛行機の中で、コーヒーを頼んで、
    コーラが出てきたなんて、恥ずかしくて言えないけど・・(^^)

    > がんちゃんへ
    感じて思ったことをダラダラ書いちゃったけど、
    読み返してみたら、
    なんかかっこいい文章になってるっぽいね(笑)
    人生の中の一つの踏ん張りどころなので、
    口だけにならんよう頑張ります。

    もし、一年後にまだ標準語をしゃべってるようなら
    ちょっと英語訛りになった新潟弁を叩き込んでやるからね^^

  4. SECRET: 0
    PASS:
    (笑)
    1年後には、福島弁ぺらぺらだよ~。
    東京生まれの東京育ちなんて、誰も気づかないぐらいにね。
    きっと、ほっぺだって真っ赤なんだよ~(←偏見!?)
    帰ってきたら、東北弁合戦しよう!!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    そっか、お互い色々がんばろう~。
    ちなみに、新潟は東北じゃないんだけどね・・

    ではでは

chan-chan-blog にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です