卒業制作

昨日の話で専門学校に行ってきた と書きましたが、
別に 「よ〜し、これから専門学生になろう!!」 っていう話ではありません。
実は、映画の専門学校の生徒さんから事務所に、
自分達の卒業制作に出てくれないか? という話が来たというので、
そんな話は初めてだし、話だけでも聞きに行こうかな と思い、
学生さん達とお会いしてきた訳です。
なんでも、
16mmのフィルムを使っての40分位の作品を作る。
その中でメインの役を〜。
今月末にインする予定。
という事らしいです。
で、昨日は台本を読ませて貰ったりして帰ってきました。
正直、行って台本を読んでみて、・・・だったらお断りしようと思っていたんですが、
読んでみると、なんだか暖かい気持ちになれたし、
登場する人物の気持ちに共感できる部分があったりしたので、
帰る時には やりたいな と思っているササガワがいました。。
で、今日やる事が決定しました。
勿論、やる事が決まった以上は、学生さん達にとっての一生に一度の大切な
卒業制作作品に関わる訳ですから、生半可な気持ちでやる訳にはいきません。
(モチロンいつも本気で取り組んでるんですけどね。。)
そんな訳で、
監督が想い描くモノを表現して伝えられるように、
学生生活の集大成となる作品を胸を張って観てもらえるモノになる様に、
微力ながらササガワコウジ、精一杯頑張らせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です